02.profile

平光広太郎 ピアノ

愛知県愛知郡東郷町出身。
幼少のころよりクラシックピアノを始め、岐阜大学New Stars Jazz Orchestra、Liebe Parzeに所属したことをきっかけにジャズピアノに転向する。水野修平氏に師事。
2009年から本格的に演奏活動を開始。『金沢ジャズストリート2012コンペティション』にてグランプリを受賞。
韓国仁川プラットフォームジャズデイ、中国南京国際ジャズフェスティバル等、海外での演奏経験を持つ。
また近年、ジャズオルガニストとしても活動し、演奏の幅を広げている。
これまでに自己のグループを率い2枚のCDをリリース。
その他にも様々なミュージシャンのサポートやセッション等、名古屋を中心に活動を続けている。
色彩豊かな力強い音色と繊細なフレージングには定評がある。
2015年より名古屋のジャズフェスティバルJazz Connection in NAGOYAを主催。実行委員を務める。

岡崎ジャズストリート、横濱ジャズプロムナード、金沢ジャズストリート、四日市ジャズフェスティバル、NAGOYA GROOVIN’ SUMMER、豊田ジャズスクエア、名古屋ジャズストリート等、全国各地のジャズフェスティバルに多数参加。

Jazz pianist Kotaro Hiramitsu was born in Togo,Japan. He started to play classical piano in his childhood. As a college student in Gifu University,he joined New Stars Jazz Orchestra, Liebe Parze. It led him to the world of jazz. His teacher was Shuhei Mizino. In 2009, Kotaro started his career as a jazz pianist in Tokai area. Kotaro won the prize at “Kanazawa Jazz Street Competition”. He was invited to jazz festival in Korea and China. Recent years, he also plays organ, his performance is never staying in the same. He released two CDs at his own group. Furthermore, Kotaro works with many talented musicians and hold jam sessions in Nagoya. His colorful and vigorous sound and delicate phrasing is acknowledged among musicians and everyone who loves the music. In 2015, Kotaro held “Jazz Connection in Nagoya”as an organizer.